【読みました】人生がときめく片づけの魔法

皆様、人生ときめいていますか。
自信をもって人生がときめいていると言えない僕です。こんにちは。
もっとときめきたいね!ってことで読みました。

この本について

著者

近藤麻理恵(こんまり)さん
片づけコンサルタント
米タイム誌の2015年版「世界で最も影響力のある100人」に選ばれる。凄い。
そして、超可愛い

概要

片づけを論理的に書いた本。
ただ単なる片づけ本に終わらないのがこの本の凄いところ。
こんまりさんのお客様のリピーター率は0%らしいのですが、
この数字が単なる片づけノウハウの指導ではないことを物語っている気がします。

要約

片づけで必要な作業は2つ

片づけで必要な作業は2つです。
それはモノを捨てること収納場所を決めること
それでは1つずつ見ていきましょう。

モノを捨てること

まずはモノを捨てましょう。
これはモノを粗末にする行為ではなく、
本当に大切なモノを大切にするために、役割を終えたものを捨てる行為。
良い言葉ですね。

ルールは大きく3つ。
場所別ではなくモノ別に取り掛かる
・モノ別の取り掛かる順番は
 衣類本類書類小物思い出の品
・捨てる基準は手に取ってみてときめくかどうか
 (なので、捨てるかどうかを決めるときは1回全部広げましょう。)
こうすることで周囲のモノが自分にとってすべてときめくモノになる
というわけです。

収納場所を決めること

ときめくモノ以外は捨てました。
次にやるのはそのときめくモノの定位置を決めることです。
1つでも住所不定のモノがあると散らかる可能性が一気に上がるからです。
こんまりさんはこれを
『「住所不定の彼」が不安そうなのをほかのモノたちがなぐさめにくる』
と書かれていました。かわいい。

ちょっとやってみた感想

早速僕もやってみました。
整理し終わったあとは特になにも思わなかったのですが、
1回出かけて帰ってきたら部屋ひろっ!って思いました。
貴方もきっと思うはず。

リンク

人生がときめく片づけの魔法

人生がときめく片づけの魔法

ここに書いた事以外にも
・収納術は片づけの悩みを根本的には解決してくれない理由
・捨てるときの衣類/本類/書類/小物の中での細かい順番
・具体的なモノの整理管理方法
・片づけをした結果、本当にやりたいことが見つかり転職した話
・モノのお役目という考え方(これ、超良かったです)
などなどが書かれているので、
気になった方は是非読んでみてください(/・ω・)/