僕はワクワクしたい(/・ω・)/

社内であたふたしているSEのメモ帳

【読みました】スタンフォード式 最高の睡眠

土日は睡眠負債を返すために10時ぐらいまで寝ている僕です。
ちゃんと寝てしっかり活動したいね!ってことで読みました。

この本について

著者

西野精治さん
スタンフォード大学医学部精神科教授、
同大学睡眠生体リズム研究所(SCN ラボ)所長。医学博士。
研究所所長!かっこいい!

概要

世界一の睡眠研究所として名高い
スタンフォード大学の睡眠に関する研究をわかりやすくまとめた本です。
巷でよく聞く真偽のわからない情報も
この本を読めばスッキリ!

要約

最初の90分が勝負

睡眠時はレム睡眠とノンレム睡眠が繰り返されるというのは結構よく聞きますね。
入眠した直後に訪れるのはノンレム睡眠で、このノンレム睡眠が非常に大事
ここで深く眠ることができれば、
その後の睡眠リズムも整い、翌日のパフォーマンスも上がる。
逆にこの90分がグダグダだと、その後の睡眠は計測不可能なほどに乱れるのだそうです( ;∀;)

黄金の90分を手に入れるためにすべきこと

入眠して一番最初に訪れる90分のレム睡眠をいかに深いものにするかが大事。
これに深くかかわるのが、体温

・体温
快適な睡眠のためには体温のコントロールが不可欠。
どうやって体温をコントロールするかというとお風呂。
寝る2時間前にお風呂に入ると、寝るときの体温がいい感じになります。
お風呂にはいる時間がない人は寝る直前にシャワーを浴びましょう。
足湯すると更によし。

・脳
寝る前に脳のスイッチを切りましょう。
どうやって切るかというと、自身を単調な状態にします。
いつも通りのベッドで
いつも通りの時間に
いつも通りのパジャマを着て
いつも通りの照明と室温で寝る。
確かにすごい単調で退屈ですね(;´・ω・)

快適な目覚めのためにすべきこと

快適な目覚めのためにアラームは2つセットしましょう。
1つ目のアラームは微音で短く
2つ目のアラームは普通のアラーム。 解説は本に委ねますが、
これでスッキリ目覚める確率が1.5倍になるそうです!!!

その他睡眠に関するマメ知識

ショートスリーパーは遺伝(論文になってる)

ブルーライトは睡眠を阻害するといわれているが、
 ブルーライトの影響を受けようと思ったらかなり画面に顔を近づけないとダメ。
 スマホやパソコンの操作で目が覚めるのはその操作で脳を刺激するから。

・血中カフェイン濃度の半減期は4時間。
 なので、夕方以降に飲みたくなったらデカフェがおススメ。

・お昼過ぎに眠たくなるのはお昼ご飯のせいではない。
 消化のために腸に行く血流が増えて脳に行かなくなると言われているが、
 どんな状況でも脳血流は第一に確保される。
 ランチ後に訪れるのは眠気とは異なる倦怠感

リンク

スタンフォード式 最高の睡眠

スタンフォード式 最高の睡眠

ここに書いた事以外にも
・本当に必要な睡眠時間の話
・徹夜や早起きしなければいけない時の対処法
・仮想的に1日を90分として睡眠をとる研究から分かったこと
などなどが書かれているので、
是非読んでみてください(/・ω・)/

上司の制約についての話が素晴らしかったから聞いてほしい

サラリーマンをしているとたまにこういう感じで批判されますね。

決まった時間に会社に行き、決まった仕事をし、
決まった時間に帰る。

仕事が終わらなければ残業をし、
疲れが取れきれないまま翌日の朝を迎える。

これを40年繰り返したら定年。
なんと面白くない人生でしょう。

そしてこんな話も聞きますね。

雇われと違って独立/起業/経営はいいぞー
定時はないし、サラリーマンでは考えることのできない収入が入るよー


仕事は決まってるとはいえ、
ずっと一緒ではないですし、
やりたいって言えば、狙ってた仕事やらせてもらえることもありますし、
仕事を早く片付けて飲み会に行く日もあるし、
それなりにお給料はもらえますが、
確かに上に書いた批判も一理あるんですよね。

ところがですよ、 僕の上司、当然ながら会社員なんですけど、
なんか凄い自由そうなんですよ。

それで
『上司って他の人に比べて凄い自由に見えるんですけど、なんでですか。』
って聞いてみたんですよ。
そしたら制約の話してくださいました。

一般的に何かを手に入れるためには、
何かしらしないとダメでそれを制約って言うんだよね。

サラリーマンの場合は、お給料をもらうことの制約が仕事をするなんだけど、
その仕事というのは定時に縛られるものではなくて、
与えられた役割をまっとうすること、
君でいえば、決められた納期までに担当しているシステムを作ること。

だから早く帰りたかったら早く帰って良くて、
その代わり別の日に頑張ればいい。

確かに独立/起業/経営したら定時という制約はないけど、
彼らは相当働いているよ。
収入も多いかもしれないけど、
その収入を維持する制約もそれなりにあるはずだよ。

やー、超納得しましたね。
別にこの話を聞いて仕事量が減るわけではないんですけど、
思ってる以上にサラリーマンって自由じゃね?って思いましたもん。

僕の上司は凄いぞって自慢話でした(/・ω・)/

進捗報告が苦手な人に向けて書きました【進捗報告のテンプレ】

皆様、進捗報告は得意ですか?
僕は苦手です(;´・ω・)
最近、ようやく慣れてきたので、 備忘録として書いておきます。

1. 予定通りかどうかを伝える

まずはこれ。
全体でスケジュール通りなのか、進んでいるのか、遅れているのかですね。

大切なのは“全体で”という部分。
例えば、タスクA, B, Cで1つの仕事があった場合、
「Aは進んでいて、Bはちょっと遅れていて、Cはえーっと」なんて言った日には、
ノータイムで怒られます
良く怒られたなぁ。懐かしい( ˘ω˘ )  

2. 予実に差がある場合はその原因を伝える

予定通りの場合は問題ないです。このまま頑張りましょう。
追加で報告が必要なのは、予実に差がある場合です。
特に予定より遅れている場合、何があって遅れたのかを必ず伝えましょう。

僕たちのお給料は会社から払われていて、
遅れている(作業時間が増える)ということは会社にとって出費が増えることを意味します。
その他、遅れによって納期に間に合わない可能性もあるかもしれなくて、
僕たちにはこのなぜ遅れているかを説明する責任があるんですね。
嫌な時間ですが、説明しましょう。

3. 遅れている場合はリカバリ方法を伝える

遅れている場合は、どうやって遅れを取り戻すのかを伝えましょう。

そして、凄い便利な言葉なんですけど、
「頑張ります。」は禁句

なんでかっていうと、
 ・今まで頑張ってなかったの?
 ・頑張れば効率上がるの?
という切り返しが来るからです。

一般的なリカバリ方法は
 1. 締め切りを伸ばしてもらう
 2. 稼働時間を増やす(残業をする)
 3. 会議などへの出席を免除してもらう
 4. 日常業務を誰かに代わってもらう
 5. その仕事を誰かに手伝ってもらう
などなど。

簡単に言えば、
締め切りを伸ばしてもらいましょう。
無理そうだったら作業時間を増やすしかないね。
作業時間を増やしても無理そうだったらHELP求めましょう。
って感じです。

4. (あれば)問題や課題を伝える

問題とは、今まさに直面しているもの
課題とは、将来問題になりそうなものです。
+αとして、間違っててもいいので、考えた解決策も言えるとgood。

5. 上司先輩からの質問に頑張って答える

1~4まで伝えれば、僕たちの仕事はひと段落です。
「以上です。何かご質問はありますか。」的なセリフで相手ボールにしちゃいましょう。

これで明日からの進捗報告は怖くないっ!(/・ω・)/